線維筋痛症はカラダ全身の痛みを伴う病気になる

線維筋痛症は、カラダ全身を激しい痛みが襲う、原因不明の病気になります。

人は、毎日の生活の中で、運動不足や冷え性などにより、肩こりや首こり、腰痛などの痛みを感じる方は少なくありません。

痛みがひどい場合でも、整形外科などで湿布薬などの処方を受けると、改善することが多く、痛みが長引くことはありません。

ですが、線維筋痛症は、しばらく痛みが続き、その痛みは徐々に激しくなっていきます。

病気の進行によって症状は様々です。

例えば、ベッドから起き上がれない方や痛みが3ヶ月を越えて続く方、また、その痛み、疲労による不眠から、うつ病などを発症する方もいらっしゃいます。

因みに、ご両親、ご兄弟などのご家族に、線維筋痛症で苦しまれている方がいらっしゃると、発症する確率が高くなるといわれております。

カラダの痛みで不安に感じることがあるときは、早めに医師に相談することをおすすめします。